ユーザーが嫌うオンライン広告12種を定めた「Better Ads Standards」日本語訳

引用元 Web担

グーグルは、「Better Ads Standards」に準拠していないウェブ広告をChromeブラウザで2018年2月15日から非表示にすることを発表した。「Better Ads Standards」とは、オンライン広告のユーザー体験を改善するための基準として、ユーザーが不快に思う12の広告表示スタイルを米国の団体Coalition for Better Ads(CBA)が定めたものだ。

各メディアが公開するRSSから情報を収集し、リンクとして掲載しております。(一部引用も含みます。)
本サイト上でのリンク掲載を望まない場合には、お問い合わせ いただければ速やかに対処いたします。

この記事を見た人はこちらの記事も見ています

arrow_upward