JTBDをコンテンツマーケティングに応用する(6)Job Storyを活用する

引用元 Content Maketing Lab

書籍「イノベーションのジレンマ」で有名なハーバードビジネススクールのクレイトン・クリステンセン教授。彼が近年提唱しているJob-To-Be-Done(顧客が片づけるべき用事に着目する)セオリーは、コンテンツマーケティングにも応用可能だ。

各メディアが公開するRSSから情報を収集し、リンクとして掲載しております。(一部引用も含みます。)
本サイト上でのリンク掲載を望まない場合には、お問い合わせ いただければ速やかに対処いたします。

この記事を見た人はこちらの記事も見ています

Webマーケティング無料のご相談は

こちら

arrow_upward